読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ArtifactoryにSNAPSHOTとRELEASEをデプロイ

前回、Artifacotryにanonymousユーザでデプロイをしましたが、今回は認証が必要なadminユーザでデプロイしてみます。
あとついでに、SNAPSHOTとRELEASEとでデプロイ先を分けてみます。

まずは、デプロイユーザをadminで行うための設定をmavenの設定ファイルに書きます。
$MAVEN_HOME/cong/settings.xml の servers タグ内に以下を記述します。{artifactory_id}の部分は、前回pom.xmlに記述したsnapshotRepositoryタグ内のidタグの値に置き換えてください。

<server>
  <username>admin</username>
  <password>password</password>
  <id>{artifactory_id}</id>
</server>

これだけですね。これで以下のコマンドでArtifactoryに対してadminユーザでデプロイするようになります。

mvn deploy

次はRELEASE版のデプロイですが、これも簡単。
Artifactoryの画面で、「Artifacts」タブを選択して、libs-release-localリポジトリを選択し、画面上の「Distribution Management」の設定をpom.xmlに追記します。
で、pom.xmlのバージョンを1.0-SNAPSHOTから1.0.0とかに変更し、以下のコマンド実行すればRELEASE版のデプロイができます。

mvn deploy

Apache Maven 3クックブック Javaソフトウェア開発のための特選レシピ集

Apache Maven 3クックブック Javaソフトウェア開発のための特選レシピ集